Generally in Japan cocked bacon is boiled or steamed “AFTER” smoked. 
The reporter wrote reversely the process order of the general Japanese cocked bacon.

*************************************************************************************************

記事の主な内容
 
1.日本には煮るか蒸すかの加熱処理をしたベーコンとしないベーコンがある。
2.日本では、燻製だけで仕上げるベーコンはコストもかかり高い技術も必要なことから、一般的に加熱処理をしたベーコンが多い中、
大多摩ハムのベーコンは加熱処理をしていない伝統的なヨーロッパスタイル。
3.山桜の直火スモークを2日間施し、その後冷却して完成する。
4.これは創業者小林榮次氏がドイツ人技師のローマイヤー氏から教わった製法。
5.三代目の小林和人社長は「じっくりと漬け込み、山桜の甘く香ばしい燻製で、噛めば噛むほど旨みが増すことが特徴」と語った。
6.記者も焼いてジューシーなベーコンを食べてみたが、本当に噛めば噛むほど旨みがにじみでてくる。
7.今は夏のギフトシーズンだが、こんな製品をもらう人をうらやましく思う。
 
 参考:
記者は加熱して仕上げる一般的なベーコンの工程順を勘違いして逆に書いていますが、
加熱するベーコンは燻製の後に加熱するのが一般的です。