TOKYO‐Xとは、おいしさと安全生産にこだわった、東京生まれの霜降り豚です。

東京都の銘柄豚であるTOKYO-Xは、他の銘柄豚と何がちがうのでしょうか。まずはじめに「おいしいさのひみつ」を、つぎに「動物福祉をはじめとする独自の理念」をみていくことで、TOKYO-Xがなぜ高い評価をうけているのかおはなしします。


1. おいしさのひみつ


日本では、現在銘柄豚が250種類以上ありますが、品種としては「LWD」という同じ品種がほとんどで、育育成方法やエサの違いで、様々な銘柄豚にブランド分けされています。しかしTOKYO-Xは、東京都農林総合研究センターが、バークシャー、北京黒豚、デュロック種の3品種を5世代にわたって掛け合わせたことによって認定された、新しい品種なのです。TOKYO-Xの特徴は、まず優れた味の良さにありますが、ほかの豚肉の2 倍ほどのビタミンB1を含んでいることも大きな特徴です。日本人に不足しがちなビタミンB1を摂取するのに適しているといわれる豚肉ですが、TOKYO-Xは与える飼料や飼育環境に細かい決まりがあり、その結果、東京Xの豚肉に含まれるビタミン量が増えたと考えられています。


2. TOKYO-Xの理念


世界では、近代的な工業畜産から、家畜をストレスのない家畜本来の行動様式に沿った健康的な飼育方法へと、方向転換しつつあります。その中でTOKYO-Xも、動物福祉をめぐる世界状況にはやくから注目し、東京「SaBaQ」という独自の理念のもとに生産されています。


Safety

安全、だから安心です

肥育期間中には飼料に抗生物質を添加せず、ワクチン中心の飼育プログラムに従い、予防的な投薬をしません。豚の健康状態を保ち、病気への感染を防ぐよう努めています。


Biotics

本来の生命力を活かします

指定飼料のトウモロコシは非遺伝子組み換え、かつポストハーベストフリー(収穫後の農薬不使用)のものを採用しています。


Animal welfare

快適な飼育環境で育てます

動物本来の生理機能に沿った飼育管理を行うことで、より健康な豚に育つよう配慮しています。動物福祉先進国のドイツを手本とした開放型の豚舎を推奨し、ゆったりとしたスペースと十分な換気、採光をキープした環境でゆっくり育てています。


Quality

抜群の品質

おいしさのカギとなる筋肉内脂肪交雑率(MIF)は通常の豚よりも高く、さらに脂肪が通常の豚よりも溶けやすく、口の中でとろける食感が得られます。


東京都地域特産品

東京都地域特産品認証食品とは、東京都の原材料を使用するなど、生産方法に特徴のある『東京の特産品』です。当社の東京X製品はには上記のマークがついており、東京のおみやげに、贈り物にぴったりです。




お問い合わせ


㈱ 大多摩ハム株式会社小林商会

〒197-0011

東京都福生市福生785


総合窓口

受付時間 9:00-16:00

 

TEL. 042-551-1321

FAX. 042-551-9409


レストラン・直売店 

シュトゥーベン・オータマ

受付時間 10:30-21:30

 

TEL. 042-551-1325

FAX. 042-551-1328


※レストランは火曜日を定休日としております。

※直売店は、火曜日は16:30までの営業となります。

※詳しくは営業時間をご覧ください。


Translate this site


Englishpage