®

オリーブオイルにも含まれている不飽和脂肪酸が豊富で
古来より漢方薬として利用されてきた烏骨鶏の肉を、
東京大島の深層海塩「ハマネ」で熟成させ、
おいしいテリーヌ風のハムにしました。
(大多摩ハムが東京都と開発)
お客様の声

なるべく薄く切ってお召し上がり下さい。
レモンやサラダドレッシングにも良く合います
 お求めはこちら 

各方面より高い評価をいただいております

島屋

島屋のギフトに採用されました。

   伊勢丹

新宿本店限定ギフトに採用


  農林水産省

食料自給率向上運動Food Action Nippon Award 2010入賞。(このページの末尾参照)
  東京都

東京都特産品に認証。

まさに首都・東京を代表する特産品になりつつある「東京うこっけいハム」
さらに・・・

★ 使う塩まで東京産! ★
おいしさの秘訣は東京大島の深層海塩「ハマネ」です
ご参考までにkgあたりの価格は精製塩は約100円、
ハマネ塩は約2,000円ですが、風味が格段に向上するため、
烏骨鶏肉のおいしさを最大限に引き出すべく使用しています。
ハマネもまた「東京都地域特産品認証食品」です
東京都より大多摩ハムの東京うこっけいハムは
TOKYO-Xハムに並ぶ「東京都の地域特産品」に認証されています。
東京都が地域特産品に認証しているハムはこの2種類しかありません。

※東京うこっけいハムは大多摩ハムの登録商標です。
「これぞ!
東京都の特産品!」
東京都の冊子より)


スーパーニュース で紹介されました。


平成21年1月30日(金)の16:53〜19:00、

フジテレビ「スーパーニュース」。
 

キャスター:安藤優子、木村太郎、秋元優里他

「ものすごく おいしかったですね」

シュトゥーベン・オータマにて
秋元優里アナ


なぜ古来より、烏骨鶏の黒い肉は、
大陸では不老長寿の食材ともいわれて
薬膳料理や漢方で珍重されてきたのでしょう?


脂肪酸には「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」があります。
人間は加齢とともに血管にコレステロールが溜まり、
それが動脈硬化、心臓病、脳卒中などの元となりますが、
不飽和脂肪酸はそのコレステロールを溶かす作用で知られ
血液サラサラ効果のあるEPAやDHAを含みます。

しかし人間が自ら生成することができない成分であるため、
食品から摂取する必要があることから「必須脂肪酸」とも呼ばれます。

うこっけいハムには、その「不飽和脂肪酸」が豊富で、
可食部100g当たりの不飽和脂肪酸計算値は下記の通りです。


(当社計算値により作成)
 
烏骨鶏肉は 
動脈硬化や血栓の予防に必要とされる
不飽和脂肪酸が豊富


古来、烏骨鶏が不老長寿の薬鳥と呼ばれ、
その黒い肉が高価であっても珍重されてきたことは、
近代的分析手法の無かった古(いにしえ)を思えば、
正に驚くべきことといえるでしょう。
長い間、烏骨鶏を食べてきた実際の歴史を踏まえた上で
そう呼ばれてきたわけです。

さらに、 オリーブオイルにも含まれ、
動脈硬化や肥満を改善・予防する効果が
あるとされる、オレイン酸も豊富


であることもわかりました。



ネット販売はこちら


新聞、テレビ、雑誌でも紹介されました

首都圏産直ガイド(平成22年5月1日)
アサヒタウンズ(平成21年7月9日)

西多摩新聞(平成21年5月29日)
朝日新聞(平成21年1月13日)
フジテレビ「スーパーニュース」で紹介されました
西多摩新聞(平成21年2月13日)
日本経済新聞(平成20年11月7日)
読売新聞社(平成20年10月25日)
毎日新聞社(平成20年10月24日)


レストラン「シュトゥーベン・オータマ
夜のメニューで好評販売中

東京うこっけいハムとレバーペーストのサラダ
600円
(税込648円)


東京家政学院大学との共同研究



平成21年より、東京家政学院大学と連携して

東京うこっけいハムの

おいしい料理法、加工方法を研究しています。

若い世代の「新たな視点」でさらなる普及を目指します。



東京家政学院大学が開発した
東京うこっけいハムを使った
お料理レシピ(4種類


東京家政学院大学での研究授業


そもそも・・・うこっけい(烏骨鶏)とは

うこっけいは江戸時代に中国から渡来し、漢方薬として肉や卵が珍重されてきました。原産地は中国、インドの国境付近とされ、日本には江戸初期に薬草や薬物の効能などを解説した「草本綱目(そうほんこうもく)」とともに渡来したといわれています。
全身は真っ白な羽毛で覆われながら、皮や骨はカラス(烏)のように黒いという特徴を持つため「烏骨鶏」(うこっけい)と呼ばれました。肉や卵は中国や韓国では昔から不老長寿を願う王侯貴族の薬膳料理には欠かすことのできない素材でした。
肉は今でも漢方薬や薬膳料理としてで珍重されています。


珍鳥うこっけい(烏骨鶏)。
通常のニワトリは4本指ですが、
うこっけいは5本指であるなど
ニワトリとはまったく異なる生き物で、
肉質も深いコクと旨みがあります。


東京うこっけい鶏肉を 筒型に詰めて
  山桜でスモーク。
東京うこっけいは、「健康志向に古くて新しい機能性鶏」として東京都が開発した東京都のブランド鶏です

「東京うこっけいハム」は、東京うこっけいのササミ肉、むね肉、もも肉を秘伝のピックル液で併せて漬け込み、旨みが醸し出された後、大きな肉塊にカッティングをしてテリーヌ風に仕上げ、通気性のある丸い筒型のケーシングに詰め、山桜を用いた直火のスモークを施し、加熱処理をしたものです。

製品の真下で国産山桜のおがを燃やします。

大陸の王侯貴族が薬膳料理として珍重した鶏。
しかも美味しい
「東京うこっけいハム」は、そのまま切ってすぐお召し上がりになれます。

大陸のかつての王侯貴族が薬膳料理として珍重した鶏肉を、おいしく、お手軽にお楽しみいただけます。
実際、ブロイラー肉を同条件で加工したものと比べますと、ブロイラーにはないコクと風味で格段のおいしさでした。

そこで、東京うこっけいハムがどうしておいしいのか、また古くからなぜ滋養に富むといわれているのか、「東京うこっけい肉の特性把握と加工工程中における成分変化の解明」と題して東京都立食品技術センター、東京都農林総合研究センター畜産技術科と共同研究を進めました。


東京うこっけいハムとブロイラーハムの違い




ハムと同じ加工形態ですので、
そのまま切って召し上がれます。

東京都立食品技術センター、東京都農林総合研究センター畜産技術科との共同開発

平成20年10月25日、この「東京うこっけいハム」は、東京都農林水産振興財団青梅庁舎(旧畜産試験場)の「秋の家畜ふれあいデー」にて初めて発表され、即日100本限定販売され、30分で完売いたしまた。
当日は試食でアンケート調査も行いましたので、その結果を踏まえてさらにより良い製品に改良してまいりたいと思います。
今後の予定につきましてはこのHPで情報発信してまいります。


東京都の青梅畜産センター

フード・アクション・ニッポン・アワード2010入賞

農林水産省が日本の食糧自給率向上に

向けて立ち上げた事業が

フード・アクション・ニッポン」です。

平成23年、本商品は自給率向上に寄与するものとして、
フード・アクション・ニッポン・アワード2010プロダクト部門に入賞しました





shopping
お買い物